HOME宗卒会未来のために発足にあたって活動について販売物いろいろ宗卒会BOX(本部)アクセス真宗ネットワーク50大会お申し込み・会員について
真宗ネットワーク50
トップページ >> 宗卒会
 
写真

さらに ご縁を宗卒会

   平成23年11月、私が宗育部時代に通っていた光瀬寺(光淳子供会)
で不思議な1枚の写真を撮影しました。右に立っているのが私の母、
太田岩千代です。左に座っておられるのが光瀬寺の坊守さん、片岡
博子さんです。宗育時代から流れゆく40年という歳月が、この1枚
の写真を実現しました。
  もし、中学生から日曜学校に行ってなかったら、この写真はなかった。
もし、散髪屋を継いでいたら、この写真はなかった。
もし、米屋になっていたら、この写真はなかった。
もし、宗育部に入っていなかったら、この写真はなかった。
もし、光淳子供会に配属されなかったら、この写真はなかった。
もし、光瀬寺で山森佳子さんの人形教室が始まらなければ、
この写真はなかった。
  光瀬寺の坊守、片岡博子さん 母、太田岩千代
   卒業をして、光瀬寺には30年ぐらいご無沙汰していたでしょうか、
光瀬寺で後輩の山森佳子さんの人形教室が始まったのがきっかけで、
私も報恩講などに何回か参拝するようになりました。光瀬寺の報恩講
や彼岸会には、人形教室の作品展も本堂で開催されるので、人形好き
で信心深い母も誘うと「ほな、行くわ」ということになり、一緒に参
拝するようになりました。そして、母と坊守さんは出遇いました。
   出遇うとすぐに母と4歳年下の坊守さんは意気投合、意気投合とい
うより、いっしょに育った姉妹以上の仲良しになりました。お互いに
人生を語り合い、信心を喜び、学びあう姿には、言葉では言い表せえ
ない不思議さを感じます。流れる歳月は、壮大なご縁を積み重ね、私
の喜びも悲しみもつつみ込み、宗育時代には考えられなかった写真と
して実現しました。
   宗育部時代の多くの皆様の歴史の一コマ一コマは、さらなるご縁に
よって希望の光となることを、母と坊守さんを見て確信しました。真
宗ネットワーク50がそのご縁の架け橋となればと心から思います。
 
このページのトップへ
 
Copyright (C) 2012 真宗ネットワーク50 Corporation. All Rights Reserved.