第1回 全国宗教教育部大会 一般枠募集

 第1回 全国宗教教育部大会の開催にあたり、
一般枠の参加も募集しています。

8803の1100.jpg 8822の1100.jpg
DSCN8865の1100.jpg 9110の1100.jpg
 今回の第1回 全国宗教教育部大会の開催にあたり、多くの先輩、
輩を訪ねました。そして、話の中で「今の私があるのは、宗育部で育て
られたおかげです」という言葉を多く聞きました。それは、宗育部がその
人の生涯に影響を与え、育てたクラブだということです。

 和歌山の専福寺の坊守さん、昭和60年入学の清水清子さんは、角坊
別院の近くの在家に生まれ、子どもの頃から角坊日曜学校に通い、龍
入学、宗育部に入り、昭和59年入学の角坊の先輩、清水光宣さん
結婚、専福寺の坊守さんになられました。「子どものころは日曜学校が
楽しくて楽しくて、本当に日曜日が待ちどうしくてしかたなかった」と真宗
ネットワーク50に入会されたとき語ってくれました。

 「今の私があるのは、宗育部で育てられたおかげです」と私を含めて、
多くの宗育部の卒業生の方々が語るのは、子どもたちの存在が本当に
大きいと思います。お寺の本堂で、子どもたちと共に阿弥陀様のみ教え
を学び、先輩から怒られながら練習したゲーム、影絵劇、人形劇、童話
子どもたちに見せる。未熟な私の法話でも聞いてくれる子ども
いる。未熟な私のゲーム、影絵劇、人形劇、童話でも目を輝かせ楽し
んでくれる子どもたちがいる。私たちは宗育部で阿弥陀様と子どたち
に育てられたのだとつくづく思います。

 真宗ネットワーク50では宗育部の卒業生だけではなく、一般枠を設け
ています。それは、絶対に卒業生だけという限定された会ではなく、宗
育部の関係者、宗育の日曜学校の卒業生、50年後の未来の子どもた
ちのためにという趣旨に賛同していただける方なら、どなたでも入会で
きる会にしたかったからです。

 第1回 全国宗教教育部大会にも数名の宗育の日曜学校の卒業生
の方が参加を申し込まれています。今後ともいろいろ呼びかけ、ともに
第1回 全国宗教教育部大会を慶びたいと思います。一般の方で大会
参加を希望される方がおられれば、ぜひ、お知らせください。

8950k1100.jpg 8766の1100.jpg 
DSCN8877の1100a.jpg DSCN8879の1100.jpg
  第1回 全国宗教教育部大会の案内に使用した灯火は、清水清子
さん、専福寺の報恩講を取材したときの灯火です。清水清子さんの
ようなご縁の広がりが、様々なカタチで全国に広がるように願いを込
めて選びました。第1回 全国宗教教育部大会は「今の私があるのは、
宗育部で育てられたおかげです」の言葉に満ちた慶びの大会にした
いと思います。

                               真宗ネットワーク50