2015年5月アーカイブ

 平成27年4月18日(土)、1月の報恩講の取材に続いて愛媛県松山市
の万徳寺を訪ねました。報恩講の時に坊守さんの昭和49年入学 越智
八重子さんと住職さんに真宗ネットワーク50の活動の一環、ありがとう
人形づくりのお話をしたら、ぜひ4月の仏教婦人会の例会でというお
になり、この度のご縁を頂きました。

9533の1100.jpg 9319の1100.jpg
1139ね1100.jpg 0827ね1100.jpg
0826ね1100.jpg 0825ね1100.jpg
0830ね1100.jpg 0837ね1100.jpg
 午前10時から会館の大広間で讃仏偈のお勤めをしました。お勤めが
終わると私のありがとうのお話です。まだ、私の人生で慣れていないこ
とが2つあります。一つは肩書きです。これまで仕事で、監督とか映像デ
ィレクター 太田利秀は30年以上使ってきたのでしっくりきます。真宗
ネットワーク50 代表 太田利秀は、まだ5年目なので慣れていません。
従って、今回の例会の案内にお話、真宗ネットワーク50 太田利秀と
あったのですが、私のことと自覚するのが少し大変です。

 それともっと大変なのが背広です。映像ディレクターという職業は背
広、ネクタイなしという服装が特権でした。映像ディレクターだからラ
な恰好は当たり前とみんな思っていました。でも、真宗ネットワーク50 
代表だからお話をするときは、失礼がないように自分で背広、ネクタイ
姿と決めました。この背広、ネクタイが結構プレッシャーで肩はこるし、
話していると喉はすぐに乾くし、それでも何とか一生懸命ありがとう
お話をしました。話題は「近江門徒の父の話」「ありがとうの叫び」に
いてお話をしました。みなさん慣れない私の背広、ネクタイ姿のお話
真剣に聞いて頂きました。ありがとうございました。

0899ね1100.jpg EPSON0012の1100.jpg
0907ね1100.jpg 0912ね1100.jpg 
0915ね1100.jpg 0917ね1100.jpg
 私のお話が終わるといよいよ山森佳子先生の登場です。はじめは
ありがとう人形が五体の合掌人形の一つであること、彫刻刀の種類、
彫刻刀の持ち方、使い方、人形の彫り方など丁寧に、分かりやすい
説明がありました。
 皆さん彫刻刀を前に、少し緊張気味にお話を聞いておられました。
「彫刻刀を持つのははじめて」「私は小学校以来」「私にできるやろか」
などいろいろな言葉が飛び交いました。山森先生の「皆さん必ずでき
ます。どんな方でもできます。自分が楽しんで、自分のありがとう人形
を彫ってください」の言葉で緊張感が和みました。

0956ね1100.jpg 0962の1100.jpg
0941ね1100.jpg 0967ね1100.jpg
0940ね1100.jpg 0945ね1100.jpg
0947ね1100.jpg 0949ね1100.jpg
0997ね1100.jpg 0973ね1100.jpg
 ありがとう人形づくりがはじまりました。皆さん彫刻刀を持って彫りだす
と、緊張感がいっぺんに楽しい雰囲気に変わりました。皆さん無心にと
いうより子どもにかえったように、目を輝かせて人形づくりに取り組んで
れました。「どう~、これ見て私の」「かわいいやん」「ここ難しいわ」
「口これでええかな」「結構楽しいもんやね」「はよ家に帰って見せたい
わ」いろいろな楽しい会話が会場にあふれました。

 山森先生も皆さんの間を動き回って指導していました「そうです。そう
です。上手に彫れています」「みなさんこれ見てください。かわいいでしょ
う」「この顔の表情、つくった方にそっくりです」山森先生の明るい声に
会場がさらに盛り上がって行きました。

1011ね1100.jpg 1010ね1100.jpg
1013ね1100.jpg 1021ね1100.jpg
 今回のありがとう人形づくりには男性の方が2名参加してくださいまし
た。「いやー、本当に貴重ないい経験です」と楽しそうにありがとう人形
づくりに取り組んでおられました。昼から用事があり、午前中で帰られ
る方も、かわいいありがとう人形が出来上がりました。

1035ね1100.jpg 1036ね1100.jpg
1032ね1100.jpg 1041ね1100.jpg
1055ね1100.jpg DSCN1189ね1100.jpg
 昼食の時は皆さんありがとう人形の完成がかなり見えて来たのか、
結構ルンルンでした。昼食が終わり、人形作家 山森佳子さんのDVD
「木々のいのちに 願いをこめて」を鑑賞しました。このDVDは15年前
に私が監督としてつくったものですが、私が懐かしさ半分で見ているに
も関わらず、皆さんの表情は真剣でした。

 上演が終わり後ろで騒ぎが起きているので振り返ると、ひとりの方が
山森佳子さんの手を両手でしっかりと握りしめ「この手が木からあれだ
けの人形をつくったのですね」と感激して、涙ぐんでおられました。私も
何年たっても映像は生きているのだと改めて実感しました。

1068ね1100.jpg 1087ね1100.jpg
1078ね1100.jpg 1104ね1100.jpg
1098ね1100.jpg 万徳寺ありがとう集合1100.jpg
  午後からありがとう人形を完成させ、裏に制作日、制作場所、名前を
書いて、山森先生が一人一人のありがとう人形を紹介して、記念撮影
ありがとう人形づくりは終わりました。

 今回で真宗ネットワーク50のありがとう人形づくりは5回目となります。
うち子どもたちが3回、大人の方が2回でした。おつとめをして、ありがと
うのお話をして、ありがとうの人形をつくって、そのありがとうの人形を
持って帰っていただいて、家庭でありがとうを話題にしていただくという
のが目的です。今回も一人午前中に持って帰られたので、20体のあり
がとう人形が完成しました。そして、20のありがとうの花が咲きました。
本当に楽しい、意義のある一日でした。

 住職さん、坊守さん、副住職さん、婦人会の皆さん、本当に素晴らし
ご縁をありがとうございました。

                            真宗ネットワーク50

《写真はクリックすると大きくなります》